お宮参りってどうするの?

お宮参りは赤ちゃんが自分の地域の氏神様(産土神)へ参拝をする儀式で、氏神様の氏子になるのを認めてもらう為と赤ちゃんの健康と幸福をお祈りするためにお参りをします。お宮参り

お宮参りの時期

一般的にお宮参りは男の子が30日目、女の子が31日目となってますが、地域によっては男の子が31日目、女の子が32日目など地域によって若干異なります。
現在では、父親の休みの日に合わせたり、天候や母子の体調にあわせたりと必ずこの日に行うって訳ではないようです。
目処としては1ヶ月検診が終ったぐらいでしょうか。

お宮参りの服装

お宮参りの服装は昔は母方の実家で用意したものを着てきました。男の子の衣装の柄は鷹や龍など、強さをイメージした柄のものが多いようです。女の子の衣装は花柄でピンクや赤などかわいらしさをイメージしたものが多くあります。最近では写真屋さんなどでレンタルしたり、ベビー用ドレスを着る方がほとんどで、特にしきたりにはこだわってない方がほとんどです。
しかし、生まれて初めての家族行事ですので、きちんとした格好がいいのではないでしょうか。

神社へのお礼

お宮参りの際、祝詞を上げてもらうと思いますが、そのお礼の金額に悩む方が多いのかと思います。全国平均的には5000円から8000円だと思いますが、地域によっても異なってくるので、予約の際に確認してみるといいでしょう。お礼はのし袋に入れます。表書きは「初穂料」または「御玉串料」と書き、水引は白赤の蝶結びのものを選びます。

アメリカでは日本とは違ったカタチで出産を祝うそうです。アメリカならではの出産前祝い「ベビーシャワー」ページで紹介しています。

にほんブログ村 ファッションブログ 子供服・ベビー服へ 人気ブログランキングへ

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする